スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気の体

ブログを始めたのはいいが、いろいろいじくりまわしてるうちに書いた記事を消してしまった。
そして今度は管理画面に入ることができなくなった。
サポートセンターとあれこれやりとりをしてようやく再開。
結局、自分のPC音痴が原因だった。情けな…

気をとりなおしてまた始めよう。

先日、合気柔術の初稽古に行ってきた。今もあちこち体が痛い。筋肉痛です。
特に首の筋肉が痛く、仰向けに寝ようとすると首が痛くて頭を支えることができない。
手で頭を持って枕にのせる感じ。どんだけ体がなまっているのか。
使った覚えがないのに太ももの筋肉も痛く、通勤も何か障害がある人のように歩いている。
最初のうちは皆そうだといわれたが、私の場合はちょっと度が過ぎているような…。

合気柔術は、合気道のように関節をきめたりするわけではない(ちょっとはあるようですが)。
信じられないことだが、ほとんど筋肉を使わないで相手を倒してしまう。
筋肉を使わないのに筋肉痛というのもへんだが、自分の場合はまだ初心者なので、受身のときにふだん使わない筋肉を急激に使ったせいだと思われる。筋肉を使わないでどうやって相手を倒すのか。
実は私もよくわかってないのだが、どうやら相手のエネルギー体というか気を利用しているようだ。
たとえば、私が師範の側頭めがけてパンチを繰り出すと、師範はまず腕で払うように受けて、そのまま私の手首を握り、私の腕を下に捨てるようにする。すると私は畳にひっくり返る。ほんとにスッ、ストンという感じ。
なんというか、自分の体を肉体ではなく、気だけ(エネルギーだけ)にして、相手の体も同じようにして、そしてその気(エネルギー?)を操っているのだと思う。上級者同士の稽古を見ていると、相手にがっちりと両手で腕を掴ませ、そのまま片手で相手の体を軽く持ち上げたりさえしている。
まるで相手の体に重量がないかのようである。どうなってるんだろうか。

合気柔術を始めようと思ったのは、目に見えない力に興味があったからだ。
「気」もそうだろうし、サイコキネシスのような超能力もそうだ。なんだかわからないが、あきらかにある力があって、人間は自分の意思というか意識によってそれを使うことができる。
イエスが水をワインに変えたり、病気を治したりしたのもそういった力を使ったのではないか。
現代にも、ブラジルの心霊手術師やある種のヒーラーのような、いわゆる通常の科学や医学の常識では説明のつかないことをできる人たちがいる。
マトリックス・エナジェティクスリチャード・バートレットもそうだ。
彼の「ツーポイント法」は、両手で相手の体のある2点に触れ、意識上でそれらをリンクさせるだけで、病気を治したりする(それも病巣そのものが消えたり、骨折ならその場で骨がつながったりする!)だけでなく、タイムトラベルまでできてしまう。つまり、患者なりがケガをする前の時点までさかのぼり、ケガ自体をなかったことにしてしまう! 量子物理学で説明はつくらしいが、いやはや人類はすごいところまできているようだ。というより、本当は誰でもできる当たり前ことがあきらかになってきたというべきか。
量子理論によれば、現実は誰にでも好きなように創造できるということになる。

とまあ、それなりの本を読んでいる人にとってはもはや常識であろうが、私の場合、不勉強というか、一般常識の洗脳が解けてないというか、どこかにまだ疑いがあるようだ。それでもそれなりにいろいろ体験をしているので、今後、記事にしていくつもりだ。それはともかく、そういった具合だから、自分の頭で屁理屈をこねるだけではなく、身をもって体験しようと思ったわけだ。そこへ、たまたま知人が合気柔術に入門したというので、頼んで稽古を見学させてもらい、そのまま入門した。初日の稽古は夜7時からだったが、稽古が終わったあとは皆で居酒屋に繰り出すのが恒例らしく、私も参加し、師範たちといろいろ話をした。予期していた通り素晴らしい人たちで、これからの世の流れというか人類の進む道(ちょっと大げさかしら)をきちっと見定めているようだった。合気柔術のことも量子理論と絡めて認識されているようだった。なぜあのようなことができるのか、という私の質問にも、あまり解釈しないようにとたしなめられた。ブラックボックスにはあまり立ち入らない。西洋はブラックボックスを細かく細かく分析しすぎる。「解釈」しすぎてしまうと可能性を制限することになる。

その通りだ。私はオノヨーコの「人間が想像できることは実現可能だ」という言葉を聞いたとき、本当にその通りだと思った。解釈、分析も必要だろうが、想像するほうが楽しいやね。

師範によると、合気柔術の達人になると、相手にどこを掴まれてもスッと倒すことができるという。
そしてその状態を「気の体になる」と表現するらしい。私は温かい焼酎を飲んで陶然としながら、合気柔術は古典物理学から量子物理学への橋渡し的な役割を担っているのかもしれないと思った(師範も同じようなことをいっていた)。しかも自分の体を使って実感できる。それから、いわゆるアセンションについても思いが広がったが、面倒だから考えるのをやめて酔っぱらうことにした。おいおい考えていくことにする。
スポンサーサイト
<家!--メインコンテンツここまで-->
プロフィール

∞酒林∞

Author:∞酒林∞
世の中の皆様こんにちは。
私はただの夢見る酔っぱらい。
夜な夜な昼間にそば屋うなぎ屋ラーメン屋、
飲んで歌って吠えてます。
いつまで続くか酔っぱらい。
帰ってくるのか酔っぱらい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。