スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えらいこっちゃ

今、新幹線の中で書いてる。大阪に飲みにじゃなかった仕事に行くのです。世の中は夏季休暇中だが車内は8割くらいの込み具合。うるさいガキが何人かいてときどき騒ぐのがいただけない。斜め後ろの席では社用らしき男女の会社員がふたり寄り添って話しているが、どうも怪しいというかうらやましい。マヌケな顔をして仕事が済んだらどこで飲もうかなどと考えているのは私くらいのものだ。

もう名古屋か。いくらも書けないなこりゃ。大阪着いたらどうせ飲んじまうんだから、取りあえずなにかしら更新したいものだ。

と書いたのが、金曜日。物思いにふけっているうちにあっと言う間に京都に着き、こりゃダメだと書くのをあきらめた。大阪ではせわしなかったが、案の定、仕事と酒で今にいたる。世の中は完全にお盆休みに入った。東京に帰って来たわけだが、東京もこのくらいすいているほうがいい。落ち着くね。電車に乗っても座れるんだから。まあ、私は電車では座らないのだが、こんだけ空いてれば立ってるほうがヘンだ。いやあけっこうけっこう。

しかし相変わらず大阪は何を食ってもうまい。で安い。というか高い店は知らない。そのへんの店に入ってフツーのおっちゃんたちにまじって串揚げとか山芋の鉄板焼きとかで飲んでるのが至福だ。串揚げなんかはどこで食ってもうまいと思うんだが、大阪人には何か違いがわかるんだろうか。焼き鳥だったらわかるんだがな。

それにしても梅田の駅で、ブラマヨ小杉が口から噴水を吐き出してるバカでかいポスターが目に入って、なんだ?と見ると、「パーライオン」てある。あまりのバカバカしさに思わず腰から崩れ落ちそうになった。仕事のことで小難しいことを考えながら歩いていたのだが、一瞬で吹き飛び、心の底から笑いが込み上げてきたと同時に脱力した。こういう自分では予測できない不意を突かれるような笑いは、新宿末広亭の寄席で円丈のこれまた心底バカバカしいインド人の落語を聴いたとき以来だ。それでその夜、飲み屋を求めてほっつき歩いてたら、たこ焼き屋があって、店の名前が「知らんがな!」。まったく意味がわからない。いや意味なんてないんだろう。ここでも危うく崩れ落ちそうになったが、パーライオンの免疫があったから助かった。こんなのは大阪では当たり前なのだろうか。面白すぎるだろ大阪。また余計に飲んじまったじゃないか。



まずい、大阪の話で終わってしまう。

前回の終わりに触れた紹介したい本の話だ。前にも書いたが、イオン・アルゲイン氏の『「太陽の伴星」その存在証明と影響評価』。タイトルがややかたく、手にとりにくいかなとは思うが、氏がオカルト的にとられるのを嫌ったらしいので、あえて科学的学術的にしたのだろう。

これはすごい本だ。

内容はてんこ盛りで、氏が地球や人類の行く末を本気で案じるあまり内容が多岐にわたりすぎてるきらいもあるが、その主張というか提案は傾聴に値する。

私にうまくまとめる能力はないが、要するに、古代には現代文明をはるかに超える文明があって、エジプトやメキシコのピラミッド、巨石遺跡、暦、神話などは、過去に地球に巨大な天変地異が起きたことを現代の我々に知らせるために創られたということだ。そして周期的に訪れるその異変は、それら前文明の残してくれたメッセージによると今世紀、2030年前後に来るという。

どういうことか。

詳細はあまりにも複雑なので、というかものすごくわかりやすいのだが、いろいろな数字的なデータを多面的に列挙して説明しなくてはならないので、それは本書を読んだほうがいい。部分的に、たとえばエジプトのギザの3大ピラミッドについて言えば、

・3つのピラミッド(一番でかいクフ王のピラミッドと呼ばれてるもの、その次の赤ピラミッド、屈折ピラミッド)は正確にその四角錘の底辺の正方形が東西南北に沿っている。
・クフ王のピラミッドのそばにあるスフィンクスは東を向いている。胸に丸い玉がある。スフィンクスは文字通り獅子座を表わし、胸の玉はハートだとすると、獅子座の1等星レグルスを表わす。レグルスの意味は心臓だ。

とすれば、古代の人はそれで何を伝えたかったのか。

スフィンクスが東を見ているので、胸の玉を太陽とも考えると、レグルスは太陽の天の通り道、黄道の近くにもあることから、レグルスと太陽が重なる時点、つまり日の出の太陽とレグルスが重なるときを天文シミュレーションソフトを使って探してみると、おおよそBC9500年ころに重なることがわかった。そのころをさらにピラミッドに絡めて調べると、これまたクフ王のピラミッドの北面の底辺中央部から斜面に沿って頂点を見ると、ちょうどレグルスの南中(一番空の高い位置)時にそのピラミッドの頂点とレグルスが重なる。それがBC1万500年ころ。

BC1万500年ころとはどういう時期か。ここで地球の歳差運動を考える。地球は自転しているが、コマを回してだんだん速度が落ちて来ると軸が首振り運動をするように、地球の自転軸も首振り運動をしている(ここにわかりやすい図というか動画がある)。72年で1度動く程度なので、自転軸がぐるっと360度回るには、72年×360度で2万5920年かかる。だから、現在は天の動かない星はこぐま座の北極星(ポラリス)だが、たとえばBC1万500年ころはこと座のベガが北極星だった。

ちょっとこれだけではわかりにくいが、要するに古代人は現代の我々に歳差運動周期に注目するようにピラミッドやスフィンクスにメッセージを託したということらしい。何でそんなに歳差運動周期にこだわるのか。

この歳差運動がなぜ起きるのかについては、太陽とか月の重力でうんたらこーたらの理論があるらしいが、イオン氏によると、それは、太陽に伴星があって、その周期が2万6000年から3万年くらいの周期で太陽系のまわりを回っているからだという。つまり太陽はもともと2重の連星で、今の太陽とその8倍大きい太陽がお互いのまわりを回っていたが、大きい太陽が超新星爆発を起こし、その破片が今の太陽の重力にとらえられ、やがて火星とか地球とかになり太陽系を形成し、大きい太陽は今の太陽よりも小さい鉄のかたまりになって大きな楕円を描いて太陽系のまわりを2万6000~3万年の周期で回るようになったというのだ。

鉄のかたまりだから当然フレミングの法則によっ磁場に対して電気が起きるが、この伴星が遠いところを移動しているときはいいが、太陽系に近づけば近づくほどその電気的な力は強力になる。そしてその伴星は今、太陽系に加速度的に近づいているという。そしてその周期の約半分の今から1万4000年(BC1万2000年)くらい前に、地球に何か巨大な異変が起きた。そして前文明は滅び、わずかに残った人類がまた原始時代からやり直した。その文明が滅ぶ前に、現代の我々に、つまり今の時代に生きてる我々に、もっと言えば2030年~2040年ころに生きている人類に向けて、またやってくるその大異変になんとか対処してほしいという願いを込めて、数々のピラミッド、巨石遺跡、暦、神話にメッセージを残した。

マヤのカレンダーも、驚くことにホツマツタエにもそのメッセージが残っている。もうあまりにも情報が多すぎて要約のしようがないのだが、要するに360という数字、他にもあるが、とにかく360という数字が出てくる。結論から言うと、古代は1年は360日だったのだが、その大異変によって地球の自転速度が変わり、1年は365日になった。これはいろいろな神話にも出てくる。闇の5日間だ。マヤのカレンダーも、あれは13と20と260と360をいろいろ組み合わせた複雑な暦だが、途中から365に合わせて微調整されている。2012年12月21日は、その暦のサイクルの終わりで、地球の終わりとかではないというのがイオン氏の見解のようだ。重要なのは、あくまでその伴星が近づいてくる時期。そしてそれによって起きる地球規模の環境の大異変。イオン氏はセンセーショナルにとられるのを危惧して、たしか天変地異という言葉すら使ってなかったと思う。環境の大きな変動とか言ってたかな。でもそれだけ私には切実なものに感じられた。

ほか、ギザのピラミッドの高さや周囲の寸法など、正確に地球のサイズの4320分の1で設計されていることとか(しかも4320は6倍すると1万5920になる)、とにかく実証的なデータのオンパレードで、氏の説を否定するのはかなり難しいように思える。先のBC1万500年とか9500年とかいろいろ数字が出てくるが、ずいぶん差があるじゃんなどと安易には言えない。だいたいが、1万年以上も前の建造物がほぼ当時のまま残っていること自体が不思議だ。その技術が不思議だ。途中地震もあったし落雷もある。実際、ギリシャの歴史家ヘロドトスによれば、当時(BC440年)はピラミッドは前面石灰石で覆われていてまばゆいばかりだったというが、カイロの地震で町の復興のため剥がされた。それでも全体の原寸を留めるように創られた。それほどまでに寸法にこだわった。意図的にだ。これは単なる王の墓とかじゃない。と本書を読めば誰でも思うだろう。

ピラミッドの建設も、定説になっているような、10万人の人間が20年の月日で創ったなんてわけがない。ピラミッドは300万個の花崗岩を積み重ねて創られている。平均2トン。1日12時間働くとして単純計算で1人1分間に3~4個の石を積むのだ。入口近くの斜めに組み合わされた石は200トンある。無理だろう。しかもミリ単位で巨石を積み上げていくなど、現代のクレーンを使っても無理だろう。クレーンといえば、バールベック巨石などは2000トンもあるらしいから、こんなものは現代文明でも無理だ。現代ではNASAのロケットを運ぶ700トンのクレーンが限界らしい。これは、古代はというか前文明は重力自体を自由に操作できる技術を持っていたとしか考えられない。それだけでも研究されるべき重要なテーマだが、ちょっと話が飛ぶ。

いかん、長くなる。私の読み間違いや記憶違いもあるだろうから、まだ読んでない人は本を読んでみてください。

何が言いたいかというと、もし、もしですよ、イオン説が正しいとすれば、人類にとってはとてつもない試練がまもなくやってくるわけで、やれ戦争だ、原発だ、金融システムだ、いじめだ、なんてくだらないことで時間を費やしてる場合じゃないということだ。いや、それらを解決すること自体は必要だが、長い時間をかけてる場合じゃないんじゃないか。んなもんはとっとと解決して、学識者でイオン説を早急に検証し、信ぴょう性があることがわかったなら、全世界の知を結集してもっとその伴星の実態とか軌道周期などを調査して正確なデータを出し、人類として対処しなければどうにもならないよこれ。イオン氏は、それはきっとできるはずだと言うし、私もそう思う。ということだ。

ほかにも氏は、地球温暖化や海面の上昇、原発問題、放射能除去などなど、いろいろな面で具体的現実的な提案を試みているが、氏も言うように、こういった話がただのオカルトだろで済まされたらたまらない。まあ、続編も出版されるようだし、講演もされてる。

イルミナティでもさらにその上のなんとかでもいいが、ある種最高の智識なり技術を持っているともいえなくもないのだから、くだらない支配・被支配的パラダイムは闇の彼方にほっぽり投げて、地球のためにひと肌脱いでくだされよ。って別に国常立大神っぽい口調にならんでもいいのだが、ひょっとして王仁三郎ではないが、最後はユダヤがカギだってのもそのへんにあったりして。冗談っぽく響くかもしれないが、実はコトの重大さにいささかパニクっているのです。だって、だとしたらこれまでの数々のことがら(超個人的なことだがこれも今は要約できない)がその意味合いを変えてしまう。というかもっと現実味を帯びてくる。おのれの狭さがまた露呈された。自分の中でだが。もうちょっと整理できたらまた小出しに晒します。

また大阪いこ。
スポンサーサイト

ヒッグス粒子

ちょっと待てよ、おい。これから高円寺で飲むからってPCからいったん離れてからもう一週間かい? さすがにそりゃないよって感じだな。時間が早いって毎回バカのように言ってるが、それでもこんなブログなんぞを世の御仁のお目汚しに書いてるからこそまだわかるんであって、何もしてなかったらそれこそあっと言う間に数年経ちそうな勢いだ。

まあ、酒を飲んで記事は書かないって基本的に決めてるから、そうすると昼間は仕事だから、記事を書くのは平日の朝か夜、あとは土日しかない。となると、夜に大酒飲んだら夜も朝(二日酔いだから)も書けないから土日になる。最近、土日にしか記事をアップしてないってことは、それだけ平日に酒を飲んでるってことだわな。だから、もう一週間経っちまったって何もあらためて驚くことはない。ただのだらしない酒飲みってことだ。なあんだ。

この一週間もいろいろあった。そう言えばヒッグス粒子が見つかったってね? 言葉は知っていたが、またなんとなくどういうものかも知ってたような気もするが、その発見でビッグバン理論を含む今の標準的な宇宙物理学の妥当性みたいなものがあらためて根拠づけられたっていうのがよくわからない。ヒッグス粒子は空間すべてを満たしてるおおもとの粒子なんでしょう? で、素粒子がその中を動くとき、ヒッグス粒子が邪魔になるというか摩擦とか障害になって、動きが鈍くなって、それが質量つまり重さだってことらしい。でも、それだったら、19世紀まで当たり前と見られていたエーテルと同じようなもんじゃないのかしら。もっともエーテルは光が伝わるための媒体・媒質ってことだったから微妙に意味合いは違うかもしれないが、真空を満たしてるってことでは同じだ。真空というものはなくて、空間には何か未だ発見されてない未知のモノが満ちているっていう説は、今までにいくらでもある。

Koro先生こと神坂新太郎博士によればそれは「存在圧」だし、前回記事の政木和三博士では「バクトロン」だ。政木博士のバクトロン説は面白い。空間には、光子の何千万分の一という質量のバクトロンという極超微粒子が満ちていて、だからこそ光速は秒速30万kmという一定速になる。光が伝わる媒体があるからこそ一定の速度しか出ず、つまりそれ以上は速くなれない。もしバクトロンがなければ光は無限大の速度か、もしくはまったく伝わらないかのどちらかになるという。海を渡る波は水があるから伝わる。音の波も空気があるから秒速340mで伝わる。重力つまり引力も波動(重力波)だから、なにか水とか空気のような媒質がなければ伝わらない。それがバクトロンだ。だからバクトロンがなければ無重力になり物は浮く。

UFOは、何かしらのテクノロジーでこのバクトロンが入り込まないような材質で機体が造られていて、だから引力や重力の影響を受けずに空中にとどまることができる。進みたい方向があればその方向の引力取り入れ口を開けバクトロンを取り入れてやれば自然に引力が働き機体が移動する。上下左右どこでも自由だ。無音だし無エネルギー。月にさえ行ける。月の引力の方向に合わせれば月が自動的に引っ張る。速度も自由自在、地面に近づくに連れて引力取り入れ口を絞っていけばスッと着地できる。マジでSFのような話だが、問題はそんな極超微粒子が透過できないような材質をどうやって造るかだ。ニュートリノだって地球を通過しちゃうのに・・・。宇宙人に聞くしかないだろうとも思うが、いまだ名の知れぬ研究者の中にもきっと政木博士やkoro先生のような人がいるだろうからいつかは発明されるだろう。

政木博士はバクトロンでスプーン曲げも説明する。スプーンの金属の原子間にもバクトロンが満ちていてお互いに原子を引きつけているから金属としての特性を持つことができる。そこに能力者が念力のような精神波を送る。ちなみに精神波はレントゲン線の波長の100万分の一くらいらしいから、これは電子よりも小さい。だから精神波は人工的に電気的には作れない。とはいえ、精神波はバクトロンよりは大きから、念を注入することによってスプーン内のその部分のバクトロンをはじき出してしまう。すると、その部分内だけ原子間のつながりがなくなりフニャフニャになり、すなわちスプーンは曲がる、折れる。でも、政木博士はそれだけでなく、時間の問題も考慮しなければならないとまた興味深いことを言うのだが、また難しくなるので、いつかゼランドに絡めて記事にしてみる。ちなみに「バクトロン」とは、「真空の粒子」っていう意味の「バキュームトロン」と夢を喰うといわれる動物「バク」からとって付けた政木博士の造語だ。

Koro先生の「存在圧」も似たような説だ。空間・真空にはなにかしらの「圧」がある。だから「運動」はこの「圧」の抵抗を受けながらなされる。その抵抗が重力だったり質量だったり速度だったりする、といった説だったと思う。しかもこの「圧」は一定に満ちてるのではなく、場所や時間によってまちまちに偏る。つまり、「圧」の濃いところと薄いところがあって一定してないらしい。koro先生は、毎夜、家の外に出かけ、その「圧」を測定しているうちに「圧」の流れというか道筋みたいなものがあることを確信し、ある日、koro先生は板切れに乗って「圧」の薄い部分を宙に浮いて移動したという。なんでも10mくらい飛んだらしい。まあこの先生も、戦時中にドイツの物理学者とプラズマ研究でUFOまで造っちゃったり、アルザル人と話したりする人だから、それだけで書きたいことが山ほどある御仁なのだが、またにします。

でも、「存在圧」が一定ではないというのは、政木博士のバクトロンも一定ではないというのと同じだ。宇宙空間にはバクトロンが満ちているのだが、銀河の中心ほどその存在は多く、周縁に行くほど少なかったりなかったりするらしい。だから、地上から光線銃を宇宙に向けて平行に撃ったとして、しばらくは光はバクトロンの中を平行にすっ飛んで行くが、宇宙の端?に近づくにつれバクトロンが少なくなるので、徐々に銀河の中心のほうに引き寄せられ、結局2本の光線は交わってしまうという。

話がずれてきたか? いずれにしろ、私はkoro先生や政木博士の言ってることのほうがわかりやすく、ヒッグス粒子に関してはなんとなく釈然としない。結局、物を小さく小さく刻んで分析していった果てに構築される理論のひとつに組み込まれていて、私のあまり好きではない還元主義の匂いがするのだ。だいたいからしてビッグバン理論があやしい。宇宙が膨張しているとする根拠は、遠くの星雲とか星団から観測される光のスペクトルが地球上にはないことから、これは星雲や星団が遠ざかっていることからくるドップラー効果により波長が長くなっているのだとしているところにある。そうかもしれないが、政木博士は、星雲や星団はそのまま定位置でじっとしているのだが、そこから何億光年か何百億光年かかかって地球に届く光が、バクトロンの中を通過してくることによってエネルギーを奪われ、振動数が変わるからだとしている。どうも私には、政木博士の言ってることのほうがしっくりくるのだが、科学的な根拠はありません。

どだい、報道を見るといまだに一部、137億年前にビッグバンが起きて・・・といった具合だが、それももう科学的に否定せざるを得ない発見があったはずだ。ちょっと調べればわかるでしょ。

もう6時か。実はまた飲みに行くのです。もっと、例えばこの『ヤスの備忘録』で取り上げられてる、コルマンインデックスのタイムラインが変わったのではないか、という話もしたかったのだが、次回にします。でも、このタイムラインの変化、なのかあるいはまたこれまでとは違った事態ということなのかもしれないが、いずれにしろ私的にはかなり重要というか、重要なのはそれしかないと言ってもいいくらい重要なことなので、またみなさんと考えてみたいと思いますです。
<家!--メインコンテンツここまで-->
プロフィール

∞酒林∞

Author:∞酒林∞
世の中の皆様こんにちは。
私はただの夢見る酔っぱらい。
夜な夜な昼間にそば屋うなぎ屋ラーメン屋、
飲んで歌って吠えてます。
いつまで続くか酔っぱらい。
帰ってくるのか酔っぱらい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。