スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生

新年あけましておめでとうございます。

あれ、前にも言ったか、っても昨日2月3日の節分が旧暦の大晦日で、今日が元日だから、おかしかないわな。
と言いつつ、1ヶ月以上も更新をおろそかにした良心の呵責をごまかそうとしてるのもうなづける。
文までヘンになるな、罪悪感持つと。どこの3流小説だ。

1月はあっと言う間に過ぎた、と言いたいところなのだが、これが長かったのだ。ワタシ的には。あれ?まだ3ガ日?まだ松の内?まだ成人式?まだ1月なの?といった具合で、なんとも時の歩みがのろかった気がする。まあ、今年は面白いというか、ある種、数年前から待ってた年なので、さてどうしようか?的な策を練る楽しみもあって、ましてや正月だし酒も飲み放題で、フムフムなぞと悦に入って猪口を上げ下げしてたから、自分で時間を無視してたのだろう。あれだね、時間って追われると早いけど、追うとのろくなるんだね、あれ。フムフムなんて酒飲んでて、ある日ふと気づいて、まだいく日も経ってないと、時間がさぼってるような気がして、おせーよ!とっとと先へ進めよ!っても、時間がムクレるのか、やーだよってなもんで、なかなか進まない。

まずいな。旧新年そうそうこれじゃ、ただのバカヤロー日記だな。

ノーテンキに話してますが、私は今とんでもないひどい風邪を引いて三日目なのです。土日はほんと死んでました。けど、どうしてもやらなければというか、進めておかなければ超ヤバイ案件があって、布団の中で砂かけババアのように仕事してました、比喩がよくわからないだろうが。インフルだったのだろうか。だったのだろうかって、今も熱の余韻があり、頭も朦朧とし、めまいもときどきし、朝イチから会社で仕事を一心不乱にし(この不乱を腐乱と書こうかと一瞬でも思う頭がすでにイカレてる)、最悪にならないように最低のことはした、もはや刀折れ矢つきたって感じで帰宅し、体を休ませるべく布団にもぐりこんだのだが、ふと思い出したのだ、ブログのことを。どうせ明日もあさっても書けないんだから、多少アタマがおかしくても今書いちゃえってんで、今にいたる。

でも、インフルだったらどうしよかってのはあったね。だって、娘が受験の真っ最中ですよ、今。私がインフルになったなんてったら、カミさん込みで、なぬ?アンタなに考えてんの?馬鹿じゃないの?今どういう状況かわかってんの?・・・以下、1万語くらい罵詈雑言が並び、最後に、死ねば?と言われるのがオチだ。まあ、それはともかく(それくらいのことは日常茶飯事なので、とくになんとも思わない)、私は医者に行かないし、熱も計らないから、風邪なのかインフルなのかよくわからない。だが、どんだけ厚着しても体がガクブルだったから熱はあったと思うし、昨夜から今日あたりは味覚がまったくない。あ、そうそう、私は風邪で熱を出したあとの、この味覚がないという状態を心から恐れるというか憎むというか、とにかく嫌いだ。何を食っても味がしないんだから。これは、子供の頃から一貫として変わってない。風邪を引いて熱まで出ると、ああ、また味がなくなるのかって恐れたもんだ。でも、熱による。37、8度だったらそうでもないときもある。38度を超えてくるとかなりやばい。味がなくなる。だから、今回は38度以上はあったのだろうと思うがよくわからない。医者には行かない。ヘタすりゃ、インフルエンザをうつされる。

まあいい。私の風邪話をしててもしょうがない。

さすがに1ヶ月も経つと書きたいことが溜まって収拾がつかないのだが、またさきも申し上げましたようにちょっとお加減もおよろしくないものですから、長くは書けないんだが、ちょっとびっくりしたことをひとつ。

川田薫氏の『いのちのエネルギー』に書かれてたことで、ほんの一部分なのだが、私は本当にびっくりしたので紹介する。ちなみに、この本自体とてもすばらしいもので、短いながらも、とにかく大切なことがしっかりと書かれている。

鉱物です。花崗岩とか玄武岩ね、ちなみに地球は陸の表面を覆っている花崗岩、海底から陸の下に潜り込んでいるプレートの玄武岩、もっと下のマントルにある橄欖岩(かんらんがん)の3種類が基本らしい。その鉱物をどろどろにすりおろして、溶液にすると、その超微粒子の直径はだいたい2ナノメートル。2ナノメートルだから、えーとナノだから、10億分の1だから、1000万分の1センチだから、100万分の2ミリ? つまり1ミリの50万分の1くらいの大きさなわけだ。粒子がね。その鉱物の元素となると、それは正四面体(あの4つの三角形で面ができてるヤツ)で、ケイ素が真ん中つまり正四面体の中心に1個あって、正四面体の4つの頂点に酸素がある。だからSiO4だ。これが基本。で、こういった元素が複数集まったとき、酸素をいくつ共有してくっつくか、たとえば酸素を2つ共有してくっついたり、3つ共有したりとか、そのくっつき方の違いがその鉱物の性質になるわけだ。簡単に言うと、正四面体の中心にケイ素がきて、四隅に全部酸素がくる。このSiO4の正四面体が骨格になり、いろんな元素を身にまとい、2次元、3次元、つまり平面に立体になっていくわけだ。それで、さきの鉱物の超微粒子、2ナノメートルの粒子に、この正四面体の骨格がいくつ入ってるのかというと、240~250個くらいらしい。1ミリの50万分の1の大きさの粒子の中に240~250個の正四面体が詰まってる。元素の数でいうと71種類もあるらしい。

鉱物はいいや。いいというか面白くて長くなるとあれだし、今言いたいのはそのことではない。鉱物から入ったほうがイメージしやすいのかなと。

水なのです。水の粒子も平均で2ナノメートル。でも水は正四面体ではなく、ちょっとゆがむらしい。水はH2Oだ。水の場合は、四面体の中心に酸素がくる。4つの頂点には、2ヶ所に水素(H2)、残り2ヶ所に酸素の電子がくる。水素は+、電子は-だからつりあって四面体全体としては中性になる。そんで、これがやはり240~250個集まって2ナノメートルのかたまりになっている。でも水は、この2ナノメートルのかたまり単体で安定してるのではなく、すぐに合体して20~30ナノメートルのかたまりになる。そしてさらに合体して100ナノメートルのかたまりになる。つまり水というのは、平均粒径100ナノメートルのかたまりの中に20~30ナノメートルの2次粒子があって、その中にさらに2ナノメートルの粒子がつまっている、という構造になっている。かたまりができて大きくなったかと思うと、パッとバラバラになり、またさらにバラバラになる。水は、このように絶えず離合集散している。それが水の実態らしい。

それで、それでですよ、たとえば300ミリリットルのペッボトルがあるとして、その中に水をどんどん入れる。そしてH2Oの粒がどれくらいあるか計測すると、平均12~13%。いくら詰め込んでも15%くらいにしかならないらしい。どういうことか。要するに、あとの87%は何もない。空間だということだ。われわれが水だと思っているものは、87%の空間の中を絶えず12~13%しかないH2Oが離合集散している状態だというわけだ。

これは驚いた。驚かない?

もちろん、素粒子論でも原子核とその周りを回ってるとされた電子との間はスカスカだとかいう話はずっと前からある。物質はミクロで観れば隙間だらけだとね。でも、この水の話はどうにも実感として驚いたわけだ。しかも私の場合、風呂につかりながら読んでたので、ショックのあまり思わず本を風呂ん中に落としそうになった。な、なぬ? この風呂の水じゃないお湯は、87%はなにもなく、少数精鋭のH2Oクンらが動き回っている状態でしかないというわけか。これはびっくりするでしょう。だって水は水で、その中にそれに見合ったH2Oがびっしりあると思うだろう、ふつう。私は風呂ん中でお湯を手で何度もすくったね。

さらに驚くのは、この2~3ナノメートルレベルのサイズになると人間の意思とコミュニケーションができるということだ。これは水でなくてもいい。だから・・・

限界かもしれない。熱がまた上がりそうな気が・・・。でも、上のことに関しては、私は不思議ではないし、当たり前だと思ってきた。驚くのは、これまでオカルトだとかエセ科学といわれてきたようなことが、最先端ではかなり当たり前に融合されてきているということだ。それは前からあることだが、私のような科学オンチはときどきこういった書籍に出会って驚愕するわけだ。でも、この川田氏は、世界で初めて生命を誕生させたというとんでもない人で、さきの鉱物の粒子観察の件でも、世界初のことだったらしいから、一部ではやっかみも含めて認められてないのかもしれないし、一部どころか物理学の世界では超有名な人なのかもしれない。私には現時点ではわからないが、本を読む限り、その人柄というか、マインドは、んな一連のこたあとっくに超えてるお人であることがよくわかる。

ううっ、体調が悪くなってきたが、まだまだ書きたくなってきた。川田氏のほかに、これまたなんで今まで私が知らなかったのだろうという本山博氏のこととか、こないだのゲリー・ボーネルのこととか、もろもろだ。最近で言えば、前にもこのブログで紹介した映画『ザ・シリウス』がやっと公開されるらしい。内容はスティーブ・グリア氏らによるETやETV(最近は専門家はUFOとは言わず、ETV=extraterrestrial vehicleと言う)に関するディスクロージャーだ。その内容は、よく観ないとまだなんとも言えないが、この井口博士のブログ(長いインタビュー記事ですが、時間のあるムキは読まれるとかなり驚くかもしれない。こういう情報を知らない人だったらですが)にもあるインタビューに出てくる、霊能戦士という言葉が気になるわけだ。このあたりは個人的には以前から考えていたことがあって、ブログにも小出しに書いていたのだが、この先かなり重要なキーワードになると思う。それで、『日月神示』の空中を飛ぶ人も出るなどの表現や、キリスト教の空中携挙や、かつて滅んだレムリアアトランティスや、アブダクションや、御降臨や、もろもろがすべて説明がつくというより、超能力や霊能力自体はどうでもいいといったらあれだが、やはり人間側のことが問題で、はよなんとかせねばヤバイんじゃね的なことだ。

またそのあたりを、今度、復活したら・・・
スポンサーサイト

アトランティス

また2週間、と。
一回サボリくせがついてダメになっていくできそこないのサラリーマンみたいだな、まったく。

でもあれだね、ブログもいったん途切れるとそれまでのテンションというかノリというか、勢いみたいなものが損なわれるというかくじかれるというか、要するにそれまで何をどう思ってどんなふうに伝えたかったのかということを忘れるね、ぶっちゃけ。

ブログを書こうとしてることじたい表現欲求があるからだろう。しかも不特定多数というか、わかってくれるだろうと想定している相手に対してだ。そりゃそうだわな。はなこちゃんやたろうくんに対して伝えたいことがあれば、今日び携帯でもメールでもなんでもあるんだから直接伝えりゃあいい。となれば、こんだけブログが氾濫してるってことは、それだけみんなが漠然とあるいは明確に何かを伝えたがってるわけだ。わかってくれるだろう相手に対して。

これはやはりいいことだ。問題は伝えたいってことの中身なんだが、どんな中身でもいろんな人がいろんな取り方をして好きずきに反応もできるし、そのやりとり自体もネット上で検証できる。当たり前だが、ネットはマスコミュニケーションだ。いわゆるこれまでのマスコミはマスに対する大量伝達ではあるけれど、あまりにも一方的にすぎてもはやカルトというか、まともに聞いちゃいない大衆がほとんどだとすればもはやミニコミだろ、悪いけど。昨今の原発、オザワ、日中・日韓関係、最近の選挙がらみの報道を見てもほんと呆れるというか、あんたバカッ?とアスカ・ラングレーばりにののしりたくもなる。

選挙と言えば、公職選挙法違反とかなんとかで、ネットでもツイッターでもハギレの悪いというかやりにくそうなものが多いね。でも、そこらへんをちゃかしたものもあって笑える。とにかく日本の「未来」を考えよう、とか、日本の「未来」にかけるしかない、とか(笑)。私は杉並8区だが、小選挙区の候補者は民主、自民、共産、山本太郎の4人。しかも自民は石原伸晃。こりゃ消去法から考えてもひとりしかいないわな。比例にはやはり、日本の行く末、日本の「未来」に期待するしかない。

おっと、また話がつまらないというか、いつもつまらないかもしれないが、今回の選挙は極めて重要だと思われるので、ちびっと触れてみたのです。まあある種楽しみでもある。

前回何を書いたっけと覗いてみると、ウィングメーカーだ。言葉とDNAと現実創造だ。ってもその三つに関しては何も書いてない。今日も詳しくは書けない。まあ、なにしろ言葉は振動で振動が現実を創造している。それはDNAにまで働きかけ、ジャンクDNAとかたわけたことを言われてきた97%のDNAをオンにし、体の組成まで変える可能性を秘めてる。元素転換ですな。してみりゃ今後、放射能の影響も受けない方法もあるかもしれない。これは『日月神示』言うところの半霊半物資の肉体にも通じるってなわけで。

あれはいつだったか、今年の初めだったか、なんだったっけか、なにかのきっかけでこれまで考えてきたことをもう一度紡ぎ直さなきゃと思ったのだったが、そのへんから妙にアトランティスが気になりはじめた。アトランティスに関してはご多分に漏れずガキのころかなじみがあるわけだが、なぜかいきなり思い出したように気になりだした。もっと言えば、さらにそれ以前、レムリア以前の地球のこと。さらにその前の・・・と続くわけだが、とりあえず。

ゲリー・ボーネルやジョン・ミッチェルなどによれば、「アトランティスでは地球のエーテル体の質量から、言葉による指令を下すことで物質を生み出してい」た、と。言葉ですよ。キリスト教で言うところの三位一体、父と子と聖霊は、アトランティスで言えば、意識とエネルギーと指令、だ。イエスとマリアは、レムリア、アトランティスから伝わる叡智を正確に伝えた人物だというし、それは地下に潜りながらも脈々と薔薇十字団などによって現代にまでも伝えられているらしい。その技術を持ってすればピラミッド建設などに見られる運搬不可能な巨石の移動もわけない。つまり、

人間のすべての意図は声とともに地球のエーテル体に付置されます。ピラミッド形が人間の声に権威を与えて、対象となる物が意図を実践できるようにするわけです。声の調和波動(ハーモニクス)の範囲でエーテルフィールドを増幅させることでこれを行います。
 アトランティスではこのエネルギーを利用して、重量のある物を移動させていました。移動させたい物体の周りに声のエネルギーを集め、物体自身ではなくそのエーテルエネルギーを集めて動かすのです。
(『アトランティスの叡智』ゲリー・ボーネル)


というわけだ。
このへんのことはまだよくわからない。三次元的物体をエーテル体に働きかけて、結果、動かすのか、あるいはエーテル体に働きかけて三次元的物体をそのつど現実化させるのか。ゼランドふうに言えば後者だ。そうすれば、空中を猛スピードで90度ターンするUFOも、海に放り投げられても波の上であぐらをかく超能力者も、われわれが無限にスキャンされる現実化を見ているというか認識しているにすぎないと言えば理屈も通る。実際にわれわれの外にある三次元的物体の運動だと思うと、それこそわれわれが考案・発見した三次元的な物理学をあてはめざるをえなくなり、現象によっては理解不能あるいはインチキだ夢だとなる。

実際、中国や西欧にある「龍」の話も、地球の地と天を貫く磁気の流れを古代の人が視覚化したものだという説もある。もはや現代人には感じとられなくなったのだろうが、古代人は地磁気の流れ、それも天体の運行の影響を受けて一年のうちでもさまざまに影響を受ける磁気の動きを読みとることができた。またそれ専門の人がいたらしい。その土地の山とか丘とか河とか森を見て、地磁気の流れを調べ、場合によっては山や丘や河の形を変えたり新しく造ったりしながら磁気を整え、聖堂や王宮や自分たちの家や村を造った。世界中に見られる古代のストーンサークルのなごりは、磁気の流れに絡んだ天体の運行を指し示しているらしいということは多くの証明がある。

ストーンサークルや聖堂や霊山、その他聖なる場所は一直線のライン上にあったりもする。イギリスのワトキンズ博士によってレイラインと名付けられたこういったラインは世界中にあるし、磁気を流すものとして人工的に造られたりもしている。どうして人工的に磁気・エネルギーを流すのか。いろいろ理由はあるのだろうがまだよくわからない。しかし、そうしたレイラインに沿って実はローマの道もあったし、現代の公道もあったりする。でも今はその技術というか叡智がなくなったから、逆に都合や利権で無理やり道路を通すことでかえって地磁気の流れを悪くしてたり、もっと言えば、ひょっとしたらそれら古代からの叡智をよく知ってる連中が、自分たちの利権・支配のために道路を建設してるのかもしれない。

だいたいが、古代人が「龍」として大切にしていた磁気のようなエネルギーを、アトランティスが滅び(それも古代の叡智を悪用した連中が増えたからだが)、世界に二元論がはびこりだしてから、支配宗教となりはじめたキリスト教が古代叡智を異端・悪として二元論的に対置させてしまった。いわゆる聖ミカエルとか聖ジョージがドラゴンを踏みつけたり串刺しに押さえつけてるイコン画がそうだ。いつのまにか「龍」は悪者になってしまった。

ありゃ、なんだこれは。なんかヘンな流れになった。

えーと。
ま、あと地震ですね。この前もきたね、ぐらっと。私は3.11と同じく会社にいて、またかよ!とあせりながらも、このくらいであと100回きてほしいとも思った。そんなに大きくならないことはなんとなくわかったし、これくらいの規模でちょこちょこと分散させてほしいと。のどもと過ぎれば的に安心している私のようなアンポンタンにとっては警告の意味もあってよかったが、天変地異的なデカい地球規模の災害に関しては、意識のありようとしては注意が必要だ、ということは前に書いた(私的には、天変地異に関してはこの記事以上に言うことはない)。さきの話じゃないが、二元論的にとらわれすぎるとのがれられなくなる。なにも災害に限ったことじゃないが、いい・わるい、安心・不安、快・不快、正しい・間違い、などにとらわれると、永遠に回転車を漕いでいるリスのようになってしまう。地震はこないという情報を集めて安心している中で地震にあい、また不安材料を集めだす。あいつはいいヤツだという良好関係の中でたまたまイヤな目にあい、手のひらを返して不快感をムキだす。しばらくして地震がこなかったり、相手と良好関係が再度築ければ、また変わるんだから。永遠と堂々めぐりになってしまう。そういうことはもうクリアしましょうってことなんだろう、きっと。

アトランティス時代は相手とテレパシーで会話したり、筋肉を使わずに物を移動させていたということがほんとうならば、そして自分と他者が明確に分離されはじめて二元論的な思考がはびこった末、滅んだということもほんとうならば、このまま行けば今の世界もちょっとヤバイかもね。ぎりぎりの分岐点。

1万3000年ごとにきているという「分離」と「調和」の大きなエネルギーの波のうねりだが、今はその「調和」のほうの波が押し寄せているわけだ。これは人類というか地球全体に等しなみに押し寄せてきているわけで、あとはその大きな波にうまく乗れるかどうかだあね。不安や恐怖心をなくして楽しむしかないね。幼いころに海で親に抱っこされて、そぉら大きな波がきたゾ、かなんか言われて、はじめはちょっと怖いながらもしまいにはキャッキャッと楽しんで、もっともっととせがむようなもんだろ、きっと。

もっともわれわれはその当時のガキとは違う。もっと大人でもっと智恵もあるし経験もある。つまりガキのころとはまた違った楽しみ方ができるはずだ。私の場合は、愕然とすることに酒飲むことくらいしか思いつかないが、まあいずれにしても、一日一日楽しみましょう。酒飲んだりして。←こればっか。
<家!--メインコンテンツここまで-->
プロフィール

∞酒林∞

Author:∞酒林∞
世の中の皆様こんにちは。
私はただの夢見る酔っぱらい。
夜な夜な昼間にそば屋うなぎ屋ラーメン屋、
飲んで歌って吠えてます。
いつまで続くか酔っぱらい。
帰ってくるのか酔っぱらい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。