スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10円玉

まただ。
気がつけばまた月を更新してる。ブログの更新じゃなくてね。相変わらずダメだこりゃだ。

ダメだこりゃなんてもう何回もこのブログでほざいてる。でも、あの長さんのダメだこりゃにはなんと言うか、ものすごくシンパシーを感じたものだがっても英語で言う必要もないのだが共感を感じるわけだ。ダメだこりゃってのはおそらくあきらめだ。でも私の合気の先生には、まったく次元は違う稽古での場だったが、それはあきらめではなく受け入れたのだと言われたことがあって、一瞬なるほどと合点がいったが、その瞬間さらにだめだこりゃと自分で思った。合点がいった時点ですでにダメだこりゃだろそれは。合点がいくということ自体に合点がいかないが含まれてる。と言うか同じものだ。なんだかのっけからヘヴィなことをかましてる気もするが、あまり言いたくは実はないのだが、どうも知覚の問題だということだと思うわけだ。

知覚。五感以外に、いやシックスセンスを入れてもいいが、それ以外の知覚があるですよ、たぶん。でそれは、五感プラス肋間じゃない六感(まったくPCの漢字変換もときどきいちいち変換検索するのが面倒くさいときありません?っても、こんなことを()内で書くことのほうが面倒だろ!と突っ込まれそうだが、これは趣味の問題なんだろう。で私はきらいじゃない)では知覚できない知覚なわけだ。当たり前だ。五感プラス六感以外の知覚なんだから。

たとえばドーナツの穴。穴は穴としてあるが何もない。ドーナツはうまいから食ってしまうが、食えば穴はなくなる。そりゃただの空間認識、形体認識の問題だとすればそれはそうだ。ルビンの壺のようなものだ。

どうも私の悪い頭ではわからないことがいくつかある。たとえば、固定した10円玉の円周をもうひとつの10円玉を密着させて転がせば、その10円玉は一周する間に2回転する。同じ円周距離を一周するのになぜ2回転するのか。そりゃわかりますよ、なんとなく。当たり前かもしれない。でもわからない。テーブルの上に10円玉をくっつけて置いて、ふたつの10円玉の接点に接線を引けば、その水平の接線を境に上下分かれる。上の10円玉が接線の上を10円玉の円周と同じ距離だけ転がればぴったり一回転だが、接線を越えて下の10円玉の円周を回れば同じ距離でも2回転する。そりゃわかる。でも、その接線の上下でおそらく世界が違うと思う。たぶん、顕在界・潜在界、実数・虚数てなことだろう。マクロとミクロともつながってる気がする。

でこれは、おそらく知覚の転換、あるいは新しい知覚の獲得とも関係がありそうだ。正確に言えば、そうした知覚はすでに誰にでもあるだろうから、知覚の思い出し、もしくは発見だ。発見は、当たり前だが、初めからすでにあるものに気づくことだ。

東京駅のスタンドバーでしこたま飲んで事務所に戻って、こうしたごたくを並べ始めてるわけだが、私としては中野の駅で途中引っかからなかったことを自分でほめてあげたいのだが、どうでもいいことだ。オリジン弁当でトマトサラダを買って、数年前から冷蔵庫にあるビールを飲んでる。珍しいんだわ、こうしてひとりで飲むのは。本当にどうもよくて申し訳ないが。

あ、あれが影響してるかも。こんなことを書くのは。

この前あるイベントがあって取材がてら参加したのだが、そのイベント自体は興味深く、そりゃもっともだ的なことだったのだが、余興の一環としてスプーン曲げがあった。誰でもユリゲラーみたいにスプーンを曲げられるというのだが、そんなことはフツーにあるだろうと私は思っていたが、自分で曲げられるとは思っていなかった。で、結果、私だけが曲がらなかった。

私だけですよ。30人くらいいて、ほとんどが私のように初参加。配られたのはいたってふつうのスプーン。力で強く曲げようと思えば曲がるくらい。でも、みんな曲げた。中には力で曲げたかもというのもあるにはあったが、ほとんどくにゃくにゃで、曲がるというか、二重三重にとぐろをまいたように曲げてる人も多数いた。っても両手で思いっきり曲げるのではない、片手でスプーンを持ち、指先でちょいと曲げるのだ。ほとんど女の人。あれには驚いたね。いや、スプーンが曲がったことではなくて、私だけが曲がらなかったことにだ。だって、30人もいて私だけだぞ。どんだけ、ブロックがかかってるんだか。力でやろうたってありゃ無理だわ。むしろ曲がらない私が異端だった。心配そうな顔までされた。

まあスプーン曲げに限らず、不思議とされることはいくらでもあるが、私はそうしたことよりも、先の10円玉のようなことのほうがよほど不思議で、あの理屈がわかる人のほうが凄いと思う。今までさんざんアピールしてきたし、事実そう思っていたのだが、左脳偏重型だと思っていた私は、実は違うのかもしれないね。本当にただの酔っぱらいだ。いや、酔っぱらいはその通りだが、どこか潔くない酔っぱらいだ。どこが潔くないのか、また考えてみますわ。すみませんね、こんな酔っぱらいの話に。

ってちょっと卑屈な感じがあるな。弱ってるのかな。まあいいや。
スポンサーサイト

頭がない?

更新の間隔が空き始めたゾ。空き過ぎる。前回が12月だから去年だ。すでに年があらたまりさらに1か月経っている。こないだまで正月気分で酒飲んでたのにもう2月だってよ。まあ、私は日本全国酒飲み音頭みたいなバカだからなんとか気分には基本的に関係なく酒飲むがね。

そう言えばこないだ、久しぶりにというか初めてに近い形で記憶をなくした。起きたら自宅のベッドで額にタンコブができ、唇が切れている。額は今でもかさぶたになってる。唇は治った。なんじゃこりゃ!と叫びながら居間に行くと、カミさんと娘が無表情に座っており、カミさんが無言で携帯で撮った動画を見せる。な、な、なんだ? と見ると、大酔っ払いの私が腰も立たず居間に横座りし、恐ろしくも気味悪いにやけたツラでへらへらしながら何か語っているのだが、何を言ってるのかさっぱりわからない。横で娘が早く寝ろ!と叫んでるのはよくわかる。これは誰だ?ととぼけて聞いてももはや笑いも起きず、聞くと、昨夜遅く、突然自宅に電話があり、西荻の駅まで送ってきたのだが、ご主人が酔って歩けないのでタクシーで自宅まで届けたいが、自宅はどこか?と、見知らぬ人から連絡があったと。いや、見知らぬ人というのはウソで、カミさんも会ったことのある超有名ブロガー&作家のYさんなのだ。

いいからそのままほっといてください、いつものことですから、と非情にもカミさんは言い放ったらしいが、心優しいYさんは、そうもいかずと言ってくれ、しょうがないので、俺はムリ!と言下に断った長男の代わりに娘が駅まで迎えにというか私を引き取りにきたんだと。娘が言うには、Yさんに抱えられ、じっと立ってることもできないような状態の私が、へらへらと何かを娘に話しかけはじめ、いいから早く行こう!と言う娘と軽い押し問答になり、自動改札を続々とすり抜けていく地元の人たちの好奇のまなざしを浴びる中、とんでもなく恥ずかしかったんだと。いかにも、見る人100人中100人が間違えようもなく、酔っ払った親父を娘が迎えに来た図だったと。自転車で迎えに来たと言うが、そんなYさんにしがみつかなきゃ立ってらんない状態の私が、どうやって家まで帰ったの不思議だったが、なにやら恐ろしい予感がしたので聞かなかった。

もちろんYさんには謝罪の連絡を速攻で入れた。いや、珍しいですよ、そこまで正体不明になったとは。で、全然覚えていない。Yさんの知人の韓国人がやってる焼肉屋で飲んだのだが、チャミスル(知ってます? 韓国の焼酎)を飲み始めてからおかしくなった。記憶がない。チャミスル自体は本場韓国でしょっちゅう飲んでたし、めちゃくちゃ酒の強い韓国の知人相手に互角に煽ってもたいしたことなかったのに(ちょっとはあったが)、いったいどうしたことか。日本のチャミスルがなにかへんなのか、Yさんたちと話した超スピリチュアルな話題に当てられたのか、って、やはり私の体調が悪かったのか、あるいは本当に酒が弱くなっちまったんだろうな、きっと。人のせいにしちゃいけない。酒やめようかなマジで。やめないまでも、控えめに言っても控えようかな酒を。人に迷惑をかけだしたらいけないわな。ちょっとしばらくの間、この問題に関しては真剣に考えてみようと思います。いやほんと。

というわけで、おでこにかさぶたつけたままこの記事を書いてるのだが、書くことはたくさんある。あるんだけども、どうせまたとっちらかるので、ひとつだけ。ダグラス・ハーディングのことだ。この人はとんでもない人だ。なのにあまりメジャーでもない。どういう人かについては検索すればネットでもYouTubeでも出てくるので、そうしていただくとして、簡単に言えば、我々の本質とは何か?といったことを簡単な実験を試すことで、私たちが直接体験できる方法を考えたということだろうか。古今東西の聖者が残してきた悟り的な言葉を、現代ふうにわかりやくすく翻訳したと言ってもいいかもしれない。翻訳は違うか。まあ、ハーディングのその画期的な方法論をうまくビジュアル化したリチャード・ラングという人の動画がYouTubeにあるので、その一部を紹介します。このシリーズは4部作で、それぞれ1のAとB、2のAとBというふうに二つにわかれてるので、動画としては全部で8つある。ほかにも、YouTubeにはダグラス・ハーディング本人の動画もあるし、解説的なものもたくさんあるので、興味のある人は見てください。もう知ってる人は知ってるのだろうが。

紹介するのは、一番わかりやすい部分の1のB。これ見て興味があれば最初から見ればいいし、ほかの動画にあたるのもいいんじゃなかろうか。これは、へたな自己啓発とかではない。自己探求。我々には、頭がないのですよ。

これは、私個人的には、半田広宣氏の活動、ひいては私が稽古している合気にも関係する重要なことがらを含んでいるのだが、そのへんはまた書いてみます。なんか宣伝めいたイヤなもの言いになったような気がしないでもないが、誤解しないでくらはい。

エーカイワ

と言ってまた時は行き過ぎるわけです。

今は珍しく酔っぱらってません。小さなマンションを借りて自堕落に仕事をしてるわけだが、レギュラーの仕事、新しい仕事、大きいもの細かいものいろいろで、なにせ無計画に生きてきたクセというか性格というか、行き当たりばったりの流れは相変わらずで、各方面に迷惑もかけている。でもほぼ毎日飲んでいるという始末ですハイ。

あまりというかほとんど家では飲まないが、いや飲むか、でもひとりでは飲まないで、誰かしらと飲む。ひとりで居酒屋に行ったって、ひとりだけというのはほとんどないから、当たり前だ、客が私だけでもサーブしてくれる人が誰かしらいるわけで、誰もいなけりゃそれは自分の店か、夜中に忍び込んで酒をくすねて飲んでる浮浪者くらいだろうから、自分もそうなる可能性だけはあるから多少不安だが、基本ひとりじゃない。あるにはあるが、なじみの店でマスターとふたりきりで、マスターが、あいけね卵きらしちゃった、ちょっとお前店番しててくれとか言われたときぐらいだ。そういうときはいきなりポツンとひとりにされて、店によって違うが、ボブディランや喜納昌吉やAKBが流れたりしてる中、なんか妙にさびしかったりする。

人と会って話すために飲んでるのかもしれない。かもしれないじゃなくてそうだ。要するに人と出会いたいわけだ。じゃ出会い系でいいじゃんと言われるかもしれないがそういうことではありません。初めて会う人もいれば、仕事やその他よく会ってる人とも飲む。でも酒を酌み交わせば、普段しょっちゅう会ってるヤツでもいろいろ知らない部分も出てきたりして、言ってみりゃ初めて会うようなもんだったりする。人によっては予想もつかない面も見せてくれて、と言っても長年飲んでりゃたいがいは予想がつくが、中には実はフラメンコをやってるとかリコーダーが得意だとか、本当は女なんだよねといったのまであって、奥が深い。いやマジで。

酒飲むと何か規制がとれるというかタガがはずれるというか、体裁を繕わなくなってくる。私は15から酒飲んでバカさらしておのれのダメさかげんをよく知ってるから、逆に初対面のときはタガをはめる。知ってるヤツならいいけど、知らないヤツにはマジでキチガイと思われることがあるからだ。人によっては、私も大酔っぱらいですとか、ホントにダメダメですよとか言ってくれるが、料簡の広い人たちだと気を許して飲んでるとマジで引かれたりする。いや暴れるとかはないが、この人にはあまり近づかないほうがいいと思われのかもしれない。バカが移るとでも思うのだろうか。でも、中には同じバカ同士で気が合ったり(どちらかと言えばこのパターンが多い)、カミさんみたいに本気でくるくるパーだと思われて、その興味からかどうかは知らないがはずみで一緒になって後悔されたりもするわけだから、酒は恐ろしいともいえる。

規制と言えば、最近、なんと英会話を習ってるのです。なんで規制が関係あるのかと言われるかもしれないが、これがあるようなのだ。当たり前だが日本語の規制だ。私だけかもしれないが、どうやらこれまで日本語を聞くように英語を聞こうとしてたようなのだ。聞こえてくる英語を脳がどういう回路を通して把握するのか知らないが、普段日本語を聞く回路を通して英語を聞いてきたことだけはわかった。文で読めば、つまり文字を通せばわかるセンテンスでも聞くとわからない。文を見ればなあんだとなる。それが、ここのところなんとなくだが、どうにかして(どうしてるかはよくわからない)意識的に英語を聞くバージョンにすると聞き取れるようになった。

まあ、とは言っても私の場合、語彙も貧しいしたいしたことはないが、違う回路を使うらしいということがわかっただけでも新鮮な驚きだった。これは武術を習い出したときもそうで、武術のときはこれはもう、それまでなじみのあるいわゆる五感とは別次元の、まあ五感もどこにあるのかはわからないが、でもそれとは違ったまったく知らないところにアクセスするというか、その次元に入るというか、とにかく強烈な体験で、初めての体感だった。私ごときがそうなのだから、兄弟子や師範にもなると、いったいどんな体感を得ているやらさっぱりわからない。このへんはそれこそバカボン山田さんに聞けば一発なのだろうが、ちょっと私の不徳といたすところでやることやらなきゃじっくりと逢えないのであれだが、ともかく語学も武術も、何か新しい感覚というものを考えさせるのかよみがえらせるのか、どこかこれまで知らなかった部分に触れるのは確かだ。私の場合。

ううっ。
久しぶりにブログへのコメントをいただいたので、ただ返事を書くのではなく、何かしら記事をアップしようと思って書きはじめたのだが、ちょっとヤボ用が…。続きはすぐにとも思うが、今日は無理だな…。

相変わらずの無計画、無責任ですみません。
<家!--メインコンテンツここまで-->
プロフィール

∞酒林∞

Author:∞酒林∞
世の中の皆様こんにちは。
私はただの夢見る酔っぱらい。
夜な夜な昼間にそば屋うなぎ屋ラーメン屋、
飲んで歌って吠えてます。
いつまで続くか酔っぱらい。
帰ってくるのか酔っぱらい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。