スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー

また1カ月か。
こないだ書いたばっかだと思っていたが、あれは3月30日だから、ほんとに1カ月ぶりなわけだ。
なんだかこの1カ月もいろいろあったぞ。もちろん相変わらず飲んでたわけだが、地元の行きつけの沖縄料理の飲み屋のマスターが脳内出血で倒れた。久しぶりに店の前を通ったら、店主脳内出血から10日で復活、営業中、みたいなことが貼り出されていて、なぬ!とあわてて飛び込んだら、いたね、カウンターに。おいおい、大丈夫かよと詰問したが、へとも思ってない。

まあ、28日は沖縄屈辱の日、とか店の前の看板に貼り出すような人だから、気性も激しく、なにかまた気に食わないことでもあって文字通りブチ切れたのだろう。もっと早く店に出たかったのだが、やっぱり止められてねとかいいながら泡盛飲んでんだからしゃあないわ、こういう人は。お前がいうなって感じだが。

それとあれだ、淡路島の地震。あんとき私は明石にいたのだ。というか向かっていたのだ。したらカミさんからラインで今淡路で大地震とかなんとか送ってきたから、何いってんだこいつは、一緒に来たかったのかな? 今からでもおいでったら、ほんとうに地震が起きていた。新幹線は普通に動いたからよかったが、新神戸は軽く混乱してたな。JRは止まってたから阪神で行った。なかなかいい線で、明石海峡の大橋を通り過ぎるとき、ああここがあの阪神淡路の震源地かと思いを深くしたが、海は静かに凪いでいた。

明石にはイベントの見学に行った。講演した半田広宣氏には飲みながら前から聞きたかったことを質問し解答を得たのだが、考え込んでしまった。あのお方は論理的な思考を重んじる哲学者でもありながら、やはり詩人でもあるね。

半田氏の提唱するヌーソロジーは、新しい精神というか、これまでの物質と意識といった二元論を超えた精神を空間幾何学の認識を通して発見していくというか、立ち上がらせていく思考メソッドだと勝手に解釈しているが、そこには芸術を感得する力というか、センスのようなものがないと難しい。実は私の弱い部分だ。私のような左脳偏重型というか演繹的な思考を主としてきた理窟っぽい能書きたれには芸術は難しい。文学部出身ではあるが、詩・ポエムも苦手だ。だからジャズも絵も苦手だ。芸術一般の鑑賞が苦手だ。苦手とは、感じたものをうまく説明できないという意味だ。何もいえなくなる。いわなきゃいいじゃんと思うだろうが、いいたいわけだ、屁理屈人間としては。

そういえば前に、これ書いたっけかな、ダヴィンチの受胎告知が上野にきて、カミさんと見に行った。以前も横浜に白てんがどうしたとかいったダヴィンチの絵を見に行ったが、ものすごい混雑で、ちら見しただけだったがなんとも思わなかった。受胎告知もすごい混んでて、順番に並んでぞろぞろと牛歩で進んでいくのだが、絵の近くになると思わせぶりなアンビエントな音楽が静かに流れてて、おうおうそれっぽい演出して雰囲気作っちゃってまあ、とヒネた態度をとっていた。だって、もともと並ぶということが大っきらいなうえに、別に見たくもない絵なのだがつき合いでいっただけなんだから。ゲージツはわからないし。

して、ようやく受胎告知の前にきて、ハイハイって感じで眺めたら、ぶっ倒れそうになった。文字通りぶっ倒れそうになったのだ。なんだかいきなり重たいものが頭から肩にかけて乗ったような感じで、しかも、あんまいうとバカにされそうだが、自分がダヴィンチと同じになって、あの天使ガブリエルの翼の上方の湾曲した太いあたり、あの感じを出すのをダヴィンチが一番苦労したということがわかった。呆然としていると、誰かにうながされてまた進んだが、その後美術館を出てカミさんと居酒屋に入るまで、あれはなんだったんだとずっと考えていた。ビールを飲んでカミさんに説明しようとするがうまくいえない。で、まあさっき書いたようなことをいったのだが、つまり感動したってことじゃない?といわれ、あれが感動なのか?と驚き、あれが感動ならオレは今まで感動をしたことがないぞと叫び、それでも感動の一種ではあろうがなんとなく腑に落ちず、今でもよくわからない。その後、パリのウフィツィに行ったおり、おそるおそるまた見てみたがなにも感じなかった。

感動というのは、なにかこう胸のすくような思いというか、心の中がサーッと晴れ渡っていくようなことをいうんじゃないのか。それならわかるんだが。映画を観たり、小説を読んだり、とにかくなにかの場面に遭遇して、あるいは話を聞いて、そうした気持ちになるというか。数学や哲学の本でも、読み解いていくうちに突然パッと視界が開けるような、そういうことはあるが、感動とはそうした明晰性を持った感じじゃないのかしら。自分でいってて、ちょっと違う気もするがまあいい。

なんでダヴィンチの話になったのか。とにかく、ヌーソロジーには芸術鑑賞的な感性が必要だって話だ。そして今後は芸術・創造イコール生活・仕事といった方向しかない。というかそういうことしか人は楽しめなくなると思う。こんな酔っぱらいの私にしたってその準備をしているくらいだ。準備ったって酒飲んでみなに吠えてるだけだが。

これからは急速に言葉や数字、形といったものが、それまでの概念というか、われわれが通常使用してきたような観念とはまったく違ったフォルムをまといはじめるのを発見するだろう。ひとつの言葉やセンテンス、3とか5とかの数字そのもの、三角形、正四面体といったものそれぞれ自体が新しく、人間の認識のメソッドを根底から変革するようなアイコンとして光を放ちはじめるようだ。そしてそれらを使って若い連中や未来の子どもたちが中心になって、また新しい創造をスタートさせる。われわれ大人は(酔っぱらいも含めて)その準備をしてやればいいだけだ。一緒に遊びながら。
スポンサーサイト

レボリューション#9

あわわわわ、何だこのスポンサーサイトってのは? 
と思ったら、1ヶ月以上更新してないと掲載されるのだと。
っても別にFC2やスポンサーが悪いわけでもなく、私がまたしてもいい歳して怠慢かましただけのことだ。
前回までに何回か酔っ払って記事を書いてグダグダになった経験から、やっぱシラフで書こうと思い直したのだが、そのシラフの時間がなかったという恐ろしい話だ。いやはやなんとも・・・

たしかにこの2月3月は公私ともに外交関係があわただしかった。お察しのとおり、酒飲む日が多かったということだ。それにしても自分でも呆れるほど酒を飲む。本当にもうトシなのだからいい加減にしろよとカミさんでなくても思う。そのせいか、アル中ハイマーどころか最近は目だか脳だかよくわからんが、世界がおかしく見える。道を歩いていると地面がすぐ目の前に見えたりする。自分は地面と直角に立って歩いているはずだろうに、なんだか自分の身長が縮んで、しかも前倒しに地面と20°だか30°くらいの姿勢で歩いているような気になってくる。だから地面がよく見える。100円玉が落ちてたらすぐ拾えるね、今なら。

昔のドリフやマイケル・ジャクソンじゃあるまいし、人間そんな姿勢で歩けるはずがないんで、さすがに不審に思って、これはとうとう来るところまで来てしまってなんかの病気なんだろうと思っていたが、ちょっと意識すりゃ大丈夫だし別に支障はないからほっといたのだが、仕事絡みの話もあったのでこないだバカボン山田さんに相談した。合気の稽古のあと兄弟子とたらふく飲んで、その帰りしなバカボンさんと居酒屋で待ち合わせをしたのだが、さすがバカボンさんだね。私がヘベのレケで来ることをすでに読んでいたのか車で登場した。なんじゃそりゃ、飲めんじゃないか久しぶりなのに、と思ったが確かに正解だ。ふたりでベロベロになったらまた帰りが遅くなって家でどやされる。あ、私のことね。しかもその日は私の誕生日で、家でケーキを食うことになっていた。もし深夜にそっと帰宅したら、戸を開けたとたんにパイ投げをくらっていたに違いない。

で、地面が近い現象その他バカボンさんに話してたら、脳の軸がどうのこうのと超高度な話をされて、ただでさえ酔ってる私にはチンプンカンプンで、遠くでバカボンさんの声を聞きながら、あそうか、オレは人としての軸がズレまくってるということなんだなと妙に納得した。それでもバカボンさんの話は興味深く、これは前にも書いたかもしれないが、2010年ころからある意識状態を作ると、まわりが薄ピンクというか桃色というか薄紫というか、なんだかそんな空間になってやたら多幸感が襲ってくることがあったのだが、それもバカボンさんの赤色とか青色の話を聞いて、まったく理解はできないが何かわかったような気になったから不思議だ。酔っ払いながら。私としては、ただのユーフォリアだと思っているが。

それでそのときにもちょっと話したのだが、玉ちゃんこと玉蔵さんのこれは本人の金玉ブログではなく、コミュニティブログのほうにあったのだが、非常に気なる日付があったので、さっき本人に了解をとって書くわけだ。それは4月12日に大地震かなにか、とにかく天変地異が起きるのではないかという内容だった。前情報なく数人でキネシオロジーで絞っていった結果出た日付らしいが、私は非常に驚いた。なぜか。以前からゲリー・ボーネルが講演で同じ日付を言っていたからだ。ただ、ゲリーは2015年の4月12日、その前後2、3日というタイムラグをとっていたと思う。日本で大地震が起きる。しかもマグニチュード10.1。これまでのマグニチュードの概念を覆すだろうとも。ゲリーは講演のたびに同じ日付を言っていたので私も覚えていた。だって何年の春頃とか夏頃とかじゃないんだよ。4月12日と言ってるわけだ。12日~15日と言ってたときもあったがそれにしても具体的だ。アカシックの情報ということだが、それに関してはあとで言う。

ともかく、同じ日付が玉蔵さんのコミュニティブログで取りざたされてたから驚いたわけだ。でも、玉ちゃんいわくそれは今年に起きることとしての情報らしい。ゲリーのは2015年。ゲリーはそのときの講演でも、富士山などはもうとっくに爆発してなきゃおかしいのだが、それを抑えてるグループが日本にいると言っていた。地震にしても、大難にならないように祈りをして回っているグループが複数日本にはいるらしい。このことも以前記事に書いた。だから、2015年4月の地震にしても、そのエネルギーが分散するようにみんなで祈ってほしいとも言っていた。

私個人のこうした予言などに関する意見は以前何回かに分けて書いたから細かくは繰り返さないが、結論から言えば未来はわりと簡単に変わるし、変えるのは人間の意識だろうということだ。ただ、ゼランドが言うように、地球規模の災害などに関する大きな予言に関しては、そう簡単にはいかないようで、ヘタすりゃ取り返しがつかないことにもなりかねない。地球規模の大災害であればあるほど、そしてその予言なり予知情報が広く世界に流されれば流されるほど、人間の集合意識に働きかけ、集合意識が災害を選べば、要するに忌避できないものとして確信してしまえば、それは起きる可能性が高まるだろうからだ。だから私は極力そうした情報に必然性を持たせないようにしたいし、自分でも取り込まないようにした。取り込まないというのは、客観視するという意味だ。

でまた予言と言えば、『ヤスの備忘録』のヤスさんがここのところ、あらかじめ想定された危機は起こらない、といった分析をしている。なぜなら、様々な要素を繋げ類推していく結果で予想される危機は、同時にその危機を回避しようとする意思や動きも現れるので、だいたいが回避されてしまうからだ。とはいえ、これは危機といっても経済崩壊とか戦争といった危機だ。天変地異などの大災害にも当てはまるかどうかは私にはわからない。ヤスさんのメルマガのほうで紹介されていたコートニー・ブラウン氏の記事にも、サイキックの予知でも条件が変われば結果も変わるらしいことが書いてある。ブラウン氏はリモートビューイングを科学的に研究している数学者だそうだが、複数のサイキックに世界の複数の地域の2013年6月1日の様子を遠隔透視させた結果、洪水の被害などかなり深刻な状況が見えたようだが、今年に入って結果が変わったことが報告されたらしい。詳細は有料メルマガなので控えるが、要するに、これは私の個人的な考えだが、ある時点での予知でも、またアカシック情報でも、なんらかの要因によって変わる、書き換えられるということがあるのかもしれないと思うわけだ。その要因とは何だ? となれば、また長くなるというかとっちらかるのでまた別で書くが、それでも、大災害などの予言というか予想記事が最近週刊誌あたりでも頻繁に目につくので、玉ちゃんの4月12日の話もあったし、タイミング的にも、私個人の考えの再整理の意味でも取り上げて、皆さんと考えてみたい気になったわけです。玉ちゃんありがとう。

先も言ったように、想定される危機があって、その内容があえて表に出てくることでそれを回避する流れも出てくるのであれば、こうした内容の記事を書くこともそれなりに意味を持つのかもしれない。ただ、表に出てくることで、それまで知られていなかった危機の情報が余計に多くの人間に意識づけられるというリスクもまたあるのかもしれない。が、人類の進化のためにはそうした災害は必要であり、逆に起きなくては困るという考えもあるかもしれない。

とっちらかってきたぞ。

私の考えは、もし大災害が起きたとしてもそれは必然であろうとする考えで、そのときに自分がどこにいてもそれも必然で、残念な巡り合わせになったとしても、それは自分が意識的であろうが無意識的であろうが、そこにいるべく自分で選んだ結果とする者だ。だからこれからも好きな東京で好きな酒を飲み、好きなそばを食って好きに生活するに違いないのだが、うまい酒とそばがあれば実はどこでもいいです。って急にトーンダウンするが、今家族がラファエロ展から帰ってきてしまったのであせっているわけだ。さらに言えば、私は単純に実はそういう考えなのだが、さらに大きな必然といったものがあるらしく、私なんかにもなんとなくわかりはじめたマイレボリューション的なことがあり、それについてもまた書きます。

こんな半端な記事をアップするなよという声もあろうが、これまで間が空いてしまったのでとりあえず見逃してください。

(続きたい)

人間宣言

あけましておめでとうございます。
さあ、2013年に入った。
立春くらいまでが正念場ですな。
同時代を生きるおのおのがた、楽しくいきましょう!

まずはごあいさつまで。

女と子ども

昨夜は韓国の友人ふたりと飲みまくった。神田のやぶそばで熱燗を飲み、新宿ゴールデン街ではしご。
ひとりは途中でホテルに帰ったが(本当にホテルなのかしら)、もうひとりとは最後まで飲む。その人も出版関係の人で、韓国でも3本の指に入る大手出版社の局長さん。彼とは2年前に知り合った。韓国の出版業界にはなんのコネクションもなかったので、もう20年以上も韓国に住んでいる知り合いに、出版関係の誰でもいいからコンタクトを取って紹介してほしいと頼んだ。それでYさんと出会い、飲んでるうちになんとなく意気投合し、お互い韓国や日本に行けば必ず飲む仲になった。

なんで韓国の出版人とコネクションをつけたかったかというと、当時、デヴィッド・ホーキンズの『パワーか、フォースか』を読んでいて、カバーの袖に、韓国でベストセラーになって政府から称号を与えられた、と書いてあったからだ。わりとというか、かなりスピリチュアルな内容の本なので、これがベストセラーになって、しかも政府が称号を与える? 韓国とはどういう国なんだ、他にどんなものが読まれてるんだ、と興味を持ったからだ。

『パワーか、フォースか』は日本でも話題になったから知ってる人も多いだろうが、内容はキネシオロジーだ。キネシオロジーは簡単にいえば筋肉反射テスト。O(オー)リングテストが有名で、親指と人差し指、あるいは中指で輪っか(アルファベットのOの形)を作る。もうひとつの手で、何か自分の体にとっていいか悪いか調べたいもの(サプリメントとかタバコとか食べ物とか)を触る。そして輪っかがはずれないようにきつく力を入れといて、誰かに両手で開かせてみる。体にいいものだったら輪っかははずれないが、悪いものだと、どんなに力を入れててもなんなくはずされてしまう。筋肉は自分の体にとっていいものと悪いものを知っているということらしい。私は20代のときに当時勤めていた会社の社長にOリングテストを教わり、なるほどこれはすごそうだと思ったが、その後忘れていた。ホーキンズ(当たり前だが物理学者のS.ホーキングとは無関係。ちなみにビッグバン理論はガセですね)の本を読んでそういえばあったなあと。しかもOリングは今や常識だそうだ。

『パワーか、フォースか』では、もうなんでもかんでもキネシオロジーでテストしている。でもOリングではなくて、自分で片腕を横に水平に上げ、正面から誰かに指先でその手を下げさせるというものだ。あるいはその逆でもいい。誰かに腕を上げてもらい、自分で下げてみる。なにか調べたいことなどを声に出していい、正しいことだと手を下げられずに踏ん張れるが、正しくないと抵抗しても簡単に手を下げられてしまう。例えば、自分で「私には1000万円以上の貯金がある」と嘘をいってこのテストをやると腕が下がる。つまり嘘がわかってしまうのだ。「1000万円も貯金がない」というと、腕は下がらない。すごいのは、人間の意識も測れることだ。ホーキンズ博士は意識の段階を1から1000まで数値化していて、それぞれの段階に見合った名称がつけられている。20=恥、30=罪悪感、50=無感動、75=深い悲しみ、100=恐怖、125=欲望、150=怒り、175=プライド、200=勇気、250=中立、310=意欲、350=受容、400=理性、500=愛、540=喜び、600=平和、700~1000=悟り(手元に本がないのでこちらを参照した)、といった具合だ。
なんでも、人類全体の意識は206だったのが、203に下がったということだ。これはホーキンズが奥さんなどを使って、「人類の意識は200である」とか「201である」と細かく刻んでキネシオロジーテストをしてわかったことだ。というか、ホーキンズ博士でなくても誰でもできる。先の参照HPでも、この本を訳したエハン・デラヴィ氏が実演して見せている。人類の意識が200以下になると、争いが起き、世界はスパイラル状に悪化して滅亡するということだ。

人間の意識としては、たしかイエスとブッダが900くらいで最高レベルだったように記憶している。ほかに高い人でマザー・テレサもいたかな。あと、アメリカだかに世界の著名人の意識を片っ端から測定して調査している団体があって、現代人で一番意識レベルが高かったのは日本人で、GLAの故高橋信次氏だということを何かで読んだ(高橋信次は私もいろいろ気になって昔調べたことがあるが、相当すごい人だったようだ。いずれまた書いてみたい)。うーむ。今でも調査してるのかな。カミさんでも使って自分の意識レベルでも測定してみようかと思うが、もちろんしない。

ほかにも似たようなテストでフーチがある。振り子ですね。鉱石とか瀬戸物の箸置きとかに糸をつけて摘まんで垂らしておいて、同じように何か質問して、イエスなら右回りでフーチが回転しだし、ノーなら左回りになるとかいうやつ。筋肉のなせる業なのだろうが、本当の理由は誰もわからないんじゃないかな。ちなみにこのホーキンズ博士の顔は、本人には申し訳ないが私はどうも好きになれない。なんというか、あまりにもいろんなことを測定しすぎて、なにもかも知り尽くしてしまったかのような、超達観というか、孤独というか、どこかむなしさを抱えているように見えるんですね。余計なお世話か。

話がそれたが、とにかく韓国のYさんとは仲良くしてて、仕事でも絡み出しているが、本質は酒飲み友だちだ。Yさんの弟分のHさんとも親しくしてて、わりと3人で飲む場合が多い。一度韓国で全家族で集まって食事会を開いたことがある。男どもはふだんから飲んでるからいいが、カミさん連中はけっこう気を遣ってたようだ。でも、うちのカミさんと娘はちょっと異常なくらいのKPOPファンだから話題につまることはなかった。
そういう付き合いをしていると、嫌韓流とか、フジテレビや花王に対する抗議などが、どこかズレてる気がしてくる。金儲けに関する大企業の思惑や陰謀もあるのかもしれないが、普通に、自然に、ソフトやコンテンツの面でも人的面でも文化的交流を続けていけばいいんじゃないかしら。アジアの国同士でいつまでも仲悪くしてて、どこぞの連中を喜ばしてもしょうがないよ。あきらかにこれからは東洋・アジアの時代だし。あと、女と子どもね。今元気があるのは女と子どもだけだ。男はダメだ。みんな景気が悪いツラしてるもんなあ。実際景気は悪いんだが。今まではずっと男性優位の社会が続いてて、オンナコドモはだぁってろ!てな具合だったから、そのオンナコドモに復讐されてるのかもしれない。いずれにしろ、これからはこのオンナコドモたちの上昇気流にのらないと商売でもなんでもダメだと思いますがね。

<家!--メインコンテンツここまで-->
プロフィール

∞酒林∞

Author:∞酒林∞
世の中の皆様こんにちは。
私はただの夢見る酔っぱらい。
夜な夜な昼間にそば屋うなぎ屋ラーメン屋、
飲んで歌って吠えてます。
いつまで続くか酔っぱらい。
帰ってくるのか酔っぱらい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

山田貢司のどこに行くのか?バカボン一家
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。